税金編

| 未分類 |

自動車に関する税は、現在までに増設が繰り返され、多少こじつけではと思われるようなものまで

多岐にわたっています。その結果自動車のユーザーにかかる税負担は、租税総収入においては、

かなりおおきな部分を占めるようになってきました。???? Vol.83 ?????????

例に挙げると、普通自動車を取得所持すると、購入時には、自動車取得税と消費税が、毎年自動車税

がかかりまた車検ごとに自動車重量税が、かかってきます。

車社会といわれて久しい昨今、一人一台、一家に2台3台も珍しくありません。一般的に自動車に

かかる税は、間接税であり、節約できる部分はほとんどありません。

しかしながら避けては通れないものでもあり、車社会といわれるように車なしでは、成り立たない

時代だからこそ自動車にかかわる税金のことはよく理解しておく必要があるようです。

特に新車購入する時や買い替える場合、車本体の価格ばかりに目が行きがちですが、諸経費の中でも

税に関しては購入するときはもちろんその後も継続的に発生し支払い続けなくてはならないものも

あります。

また、購入した車の重量や排気量、値段などに比例して額も変わってくるため購入後、所有し続ける

ためにかかる金額も大変な額になります。

予め自分が購入する車にどのぐらいの税がかかり、その後もどのぐらいの税がかかり続けるのかで

購入する車種を計画的に選ぶ必要もあるかもしれません。