車検編

| 未分類 |

検査することによって安全性を確保した車であることを確認し自動車の所有権を認めるための制度を

通称車検といいます。

登録には一定期間での更新が必要であり一般的な乗用車の場合、初回が3年目そのあとが2年ごとの

更新になります。更新時の有効期限を過ぎると公道の走行は、道路運送車両違反となり違法行為

となります。

検査にかかる費用では、法定費用と点検整備費があります。法定費用とは国に支払う税金と保険料

です。重量税、自賠責保険、登録印紙代金で、これら法定費用は車の重量や地域によって異なって

きますが、その条件に準じて金額は定められており安くなったり免除されるものではないため必ず

支払わなくてはなりません。

金額は、軽自動車で35,080円、普通車では条件によって変わりますが最低でも52,780円程が

かかります。費用の半分以上はこの法定費用になります。

しかしながら、検査に合格するためには整備して2年間安全に問題なく走行できるようにしなくてはなり

ません。節約できるとすればこの整備費用になるわけですが検査に通ればいいという整備にすれば安く

できるし、2年間安全に走行できるように万全を尽くせば高くなることになります。一番良いのは信頼

のおける整備工場で説明を受けながら整備することが肝要と思われます。