ラジエーター液編

| 未分類 |

車のエンジンは、内燃機関といい燃料を燃やして動いています。その上、非常に高速で

部品が運動するために摩擦熱も加わって非常に高温になります。

そのためにエンジンを冷やす必要がありますがその役目をするのがラジエーターと

いわれる車の前面に設けられているものです。中には冷却液が入っていてこれを

ラジエーター液といい、エンジンとラジエーター間を循環する仕組みになっています。

人間でいえば体温を調整する汗のような役目をします。

エンジンから熱を奪ってラジエーターに戻ってきた冷却水をクーリングファンで冷却、

しまたエンジンに送るというサイクルでエンジンを冷やしています。また、冷却液は

沸騰しないようにラジエーターキャップで加圧され常に100°以上にならないように

調整されています。この調整がうまく働かなかったり冷却液が不足した場合エンジン

がオーバーヒートしてしまいエンジントラブルにつながってしまいます。液量は

ラジエーター付近にあるリザーバータンクの水位を見ることでチェックし不足しないよ

うに給水する必要があります。

また真水では冬場に凍ってしまったり、ラジエーターやそれに付属する部品が錆などで

劣化してしまうため、冷却水には必ずロングライフクーラントを添加しておくことを

お勧めします。