オイル編

| 未分類 |

自動車にとってメンテナンスは欠かせません。性能が落ちるばかりか車の寿命そのもの

を縮めてしまいます。その中でもエンジンオイルは言わば車の血液ともいえるもので

ガソリンと違って消費して減っていくものではなくて循環させて、主にエンジンの

冷却や部品の摩耗を防ぐものです。

走行距離にかかわらず劣化してゆくもので定期的な量と汚れ具合の点検と交換が必要

です。劣化した状態で交換を怠るとエンジンの性能が落ちるばかりか燃費も悪くなり

最悪の場合、その機能を果たさなくなりエンジンの摩耗が進行して、エンジンの焼き

付きを引き起こし事実上車として修理不可能な状態となります。わずかな時間と費用

を惜しんだために大きな損失となります。

トラブルの前兆としては、エンジンからの異音がしたり、アイドリングが安定しなく

なったり、極端に燃費が悪くなったりの症状が出てきます。

また警告灯が点灯します。この警告灯は必ずしも量や劣化を知らせるものではなく圧力

の低下を表していますので実際の点検が必要です。

そこで、定期的な交換の目安として走行距離3000㎞か半年に一回の交換をお勧め

します。またフィルターも劣化を防いでくれる重要なものですから2回に一回程度の

頻度で交換が必要です。